ブログトップ

さよなら原発★ちがさき

nonukeschi.exblog.jp

市民の緩やかなネットワークです。原発について学び、正しい情報を得ることから始めます。

石棺

b0213609_18113923.jpg



…春まだ浅いふくしまの海辺
恐山の荒涼たる景色の地平を遥かにこえて
ヒロシマ・ナガサキの惨劇につらなるところ
人々は涙ながらに
はてしなく臨界を欲望する原子炉と
人間の倨傲をともに封印しようとするのだ
腐蝕する木棺ではなく 石棺の中に
けっして腐蝕することのない石棺の中に



これは、2011年12月24日東京新聞夕刊の「詩歌への招待」に掲載された、
詩人の斎藤紘二(さいとうひろじ)さんの石棺(せっかん)と題した
詩の一部です。
全文は下の画像をご覧ください。


                (クリックすると読み易いサイズに画像が拡大します
                 難しい漢字にはルビもふってあります)
b0213609_17134480.jpg

  ─ 12月27日追記─
  難しい言葉に説明を加えました。
  第1パラグラフ 仮構⇒無いことを仮に有るとすること。
  第2パラグラフ クライシス(Crisis)⇒危機。
  第3パラグラフ 仮象⇒かりの姿。主観的幻像だけがあって、客観
             的実在性のないもの。
  第4パラグラフ 倨傲⇒おごりたかぶること。傲慢(ごうまん)。



                (チェルノブイリの石棺
                 老朽化も著しく、放射性物質の閉じ込め機能も万全
                 とは言い難いとされます)
b0213609_1816134.jpg

[PR]
by nonukes-1104 | 2011-12-25 18:33 | 参考文献・映画等