ブログトップ

さよなら原発★ちがさき

nonukeschi.exblog.jp

市民の緩やかなネットワークです。原発について学び、正しい情報を得ることから始めます。

渡されたバトン~さよなら原発~

 この映画のテーマは 〔 幸せはカネ
で買えるか 〕 である。
政治権力と企業の巧妙な
買収工作に、翻弄され、二分され、家族関係まで壊されてしまった町民
の実態を描く。

 原発についての分析や議論ではなく、あからさまな糾弾でもなく、教訓
でもなく、運動でもなく、ここでは原発をめぐる人間の欲望、しがらみ、集
団的固定観念、意識の変化などを、ひとつの家族を軸にして、想像力を
かきたてる映画をめざしたい。ありきたりの説明や誘導はなるべく避け、
個々の観客の本能に、問いかける
映画でありたい。


 この映画が完成する場は、撮影所
でも劇場でもなく、見た人の心の中
である。

                 脚本:ジェームス三木



━ 追記(2013年11月1日) ━

この上映会では、毎回上映前に
元原発技術者・小倉志郎さんのお話し
があります。ご期待ください。


小倉志郎(おぐらしろう) 35年間、技術者として福島第一や柏崎
刈羽等の原子力発電関連業務に携わる。柏崎刈羽原発の閉鎖を
訴える科学者・技術者の会に参加。


b0213609_217157.jpg

b0213609_2172749.jpg


■ 映画公式ホームページ

**********

■ 11月21日(木) 3回上映
 上映時刻 ①10:30 ②14:00 ③19:00
 開場時刻 それそれ上記の30分前
■ 茅ヶ崎市民文化会館・小ホール

■ 主催: 映画「渡されたバトン~さよなら原発~」を観る会
        (「さよなら原発★ちがさき」も参加しています)
     後援: 茅ヶ崎市、茅ヶ崎文化・スポーツ振興財団

■ プレイガイド: 文化会館・川上書店(ラスカ5階)・長谷川書店(南口)
■ 連絡先: 0467-86-8038 福田【ファクス・留守電可・電話予約有り】
         070-5022-4531 鹿子木(かのこぎ)

■ 製作協力券、勿論使えます。
  「さよなら原発★ちがさき」「茅ヶ崎市教職員連絡会」のメンバー
  が持っています。


b0213609_23421657.jpg


 原子力発電は、ウランの核分裂を利用して(その分裂を人為的に
緩慢にして)、そのエネルギーを発電に利用するものであり、その原
理は、原子爆弾(ウランの核分裂の迅速性を利用)と同じである。し
かも、原子力発電は、事故がなくても、その稼働中、常に、放射能を
大気に(排気塔から)、海洋に(発電用の燃料棒の冷却水を海に流す
ことから)放出している。これらの点から、原子力発電は、
「核兵器」の一形態であると考えら
れる。それ故、原子力発電は、憲法
第九条が「保持しない」としている
「その他の戦力」(第二項)に含まれ
るから、憲法違反の存在である。

       立正大学法学部教授・金子勝


(この観点は、以前から「さよなら原発★ちがさき」が「原発」と「九条」
の関連として指摘してきたものと同一です)

[PR]
by nonukes-1104 | 2013-10-30 23:43 | 参考文献・映画等