「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

さよなら原発★ちがさき

nonukeschi.exblog.jp

市民の緩やかなネットワークです。原発について学び、正しい情報を得ることから始めます。

<   2011年 04月 ( 18 )   > この月の画像一覧

原発を知ってしまおう!
そのための手頃な入門書・参考書をご紹介します。お勧めです。


b0213609_14552093.jpg

 日曜日(4月17日)に京都の三条鴨川河川敷で開かれた「原発もうムリ!
4・17鴨川大風呂敷」のレポートです。
 前日の御堂筋デモが楽しめた度85%だったとすると、大風呂敷はほぼ
100%楽しめました。理由は単純に、私がこよなく愛するゆる~いタイプの
イベント(でもちゃんと考えるとこは考える!式)100%の企画だったから
でしょう。(ちなみに私は準備・企画には一切かかわっていません)
 この企画はデモではまったくなく、テントを建ててその下に座敷を作って
(ビニールシートとか布とか)朝11時から日没まで、ゆる~り情報交換、
お喋りしましょう、といったかんじのイベントでした。

《3.11東電フクシマ原発事故を機に、なんとかして原発を止めたいと動き
出した京都周辺の人たち「関電の原発を止める会・大風呂敷」のブログ
から勝手に(かんにんしてな)一部引用》

その皆さんがお作りになった冊子、
◆ 「天災は止められへん。
けど、原発は止められる」
 (2011年4月17日)

b0213609_14571148.jpg




もう一つ、「おんな組いのち」のホームページから、
◆ 「私のための原発メモ」中山千夏(2011年4月20日)
[PR]
by nonukes-1104 | 2011-04-28 15:07 | 参考文献・映画等
b0213609_13391187.gif

《以下、岩波書店HPから転載(一部、記号&改行位置を変更しました)》

東日本大震災関連のお知らせ

 …あわせて、福島第一原子力発電所が機能不全に陥り、大きな社会
不安を引き起こしています。人びとの生活のあり方も大きく変わる可能性
があります。
 被災地の方々がいま必要とされているものは何か、復興に向けて協力
できることは何か――岩波書店は、出版社としてできる限りのことを追求
したいと考えています。そして、日本社会の復興、再建に向けて、全力を
尽くす決意です…

雑誌『世界』『科学』の一部を無料公開(2011/03/28)

雑誌『世界』『科学』の一部論文を、著者の方々の了解を得て、当面の間、
無料公開いたします。今回の福島原発事故や原子力政策を考えるうえで
参考にしていただければ幸いです。


◆ 『世界』2011年1月号の特集「原子力復興という危険な夢」のうち、
 次の3論文
b0213609_13402947.jpg

  ○ マイケル・シュナイダー/田窪雅文訳 「原子力のたそがれ──米・
   仏・独のエネルギー政策分析から浮かび上がる再生可能エネルギー
   の優位性」 

   【nonukes_chigasaki捕捉】この論文の図表(pdf)はこちらにあります。

  ○ 明石昇二郎 「原発輸出──これだけのリスク」 
  ○ 葉上太郎 「原発頼みは一炊の夢か──福島県双葉町が陥った
   財政難」
 

◆ 『科学』の次の2論文
  ○ 青山道夫・大原利眞・小村和久 「動燃東海事故による放射性セシ
   ウムの関東平野への広がり」
(1999年1月号) 
  ○ 石橋克彦 「原発震災──破滅を避けるために」(1997年10月号)
[PR]
by nonukes-1104 | 2011-04-28 13:47 | 参考文献・映画等

世界で唯一、それも二度も原爆で被爆(被曝)し、ビキニでも被曝し、
放射能の恐ろしさを一番知っているはずの私たちが…、
どうして???何故???原発を持ってしまったのでしょうか…。


皆さまはとっくの昔にご存知のことがらなのかも知れませんが、
自分でも少し考えてみる素材を探してみました。

                    (岡本太郎・明日の神話)
b0213609_11465341.jpg




原発導入のシナリオ
~冷戦下の対日原子力戦略~

ここに画像あります[NHK現代史スクープドキュメント(1994年放送)]

「毒をもって毒を制する」第5福竜丸事件で反核・反米の世論が高揚す
る中、日米が協力し民間から行った世論形成の全貌を明らかにする。 
                
 …(1953年12月8日国連にて) アイゼンハワー大統領:「私は提案した
い。原子力技術を持つ各国政府は、蓄えている天然ウラン、濃縮ウラン
などの核物質を、国際原子力機関(IAEA)を作り、そこにあずけよう。
そしてこの機関は、核物質を平和目的のために、各国共同で使う方法を
考えてゆくことにする。」
 アトムズ・フォー・ピース、「原子力の平和利用」を呼びかけたこの提案
は、画期的な核軍縮提案と見られた…


全文はここ⇒《TwitLongerへの投稿 On Saturday 1st May 2010,
@prspctv said:[番組]書き起こし
から一部引用》

b0213609_11562251.jpg




「原子力平和利用」神話
「原子力の平和利用」という考え方は、フィクション(虚構)なのです。

 …1940年代後半には、原子力委員会(AEC)は、「アトム」と「爆弾」とを
関連づけさせることを和らげるために、キノコ雲ではなく健康と繁栄を想
起させるような積極的なイメージをつくり出そうとした。アイゼンハワー政
権は、そうした努力を強化し、核絶滅に関する世界的な恐怖心をコント
ロールし、原子力の科学及び産業への平和的利用を宣伝するための努
力を強化した。このキャンペーンは、1953年12月の賑々しい「アトム・フォ
ア・ピース」提案で開始された…


全文はここ⇒《21世紀の日本と国際社会 浅井基文のページ コラム
2011年4月14日
から一部引用》




b0213609_1222597.jpg

[PR]
by nonukes-1104 | 2011-04-25 12:02 | 安全神話
東電HP 情報隠し 怪しい削除

 原発事故の発生以来、数々の情報隠しを指摘され、非難囂々(ごうごう)
の東京電力。その隠蔽体質には海外メディアも呆れ、「東電は事実を伝え
る点で堕落の歴史を持つ」(英紙インディペンデント)と酷評していたが、
驚くのは早かった……。

 (中略)とくにア然とさせられるのが、HP上で公開されている膨大な数の
資料だ。1~4号機の空撮映像や内部画像のほか、防護服を着た作業員
が免震重要棟の入り口に立つ様子、津波でガレキの山と化した敷地内の
生々しい光景など、その数は100点を超える。ところが、これらの重要映
像は、つい最近まで国内向け日本語サイトでは一切公開されていなかった。
なぜか海外向けの英語版サイトにだけアップされていたからである。(後略)

日刊ゲンダイ2011年4月21日掲載》

これは私も感じていました。


               (福島原発1号機)
b0213609_11372718.jpg


東電の塩素38測定値撤回に対する
ダルノキーべレス博士の所見と
情報開示の要請


2011年4月22日付重要更新

 4月20日のプ レスリリースで東京電力は、3月25日発表の、第一号機
原子炉冷却に使用された海水のCl-38放射能濃度測定値(1.6 MBq/mL)
を撤回し、「検出限界未満」とした。

この当初の測定値を元に、
そのような高濃度は、不慮の過渡臨界の
可能性を想起せずには説明できないと
私たちは判断していた。


東京電力がこの測定結果を撤回し、同プレスリリースに示されるように、
分析プロトコル改善に着手したのは、喜ばしいことである。しかし、なぜ、
不充分な類別記述のまま(同プレスリリースにおいて、Cl-38 の読みは1.6MBq
から「検出限界未満」と変更され、変更理由は「主要ピークによる核種の同定
及び放射能濃度の決定」とされる)誤りを撤回したのかについて、説明が願わ
しいところである。たとえば、Cl-38の主要ガンマ線は1.64 MeV および
2.16 MeV にある。これらがいかなる線と干渉して6桁下げることが必要とさ
れたのだろうか。もしカウント値がCl-38 の為でなかったのなら、いかなる
同位元素が 1.6 MBq/mL に匹敵するカウント値を持っていたのか。
(後略)

全文はこちら

これは専門的過ぎて難しいですが、重要そうです。
[PR]
by nonukes-1104 | 2011-04-25 11:39 | 福島事故現状
               (国際原子力・放射線事象評価尺度)
b0213609_1161998.jpg


《2011年4月12日12:39朝日.com》

 (前略)その後、放出された放射性物質の総量を推定したところ、放射
性ヨウ素換算で37万~63万テラベクレルになった。INESの評価のレベ
ル7にあたる数万テラベクレル以上に相当した。東京電力によると、全放
射能量の1%程度にあたるという。福島第一原発では今でも外部への放
出は続いている。(中略)
 内閣府の広瀬研吉参与(原子力安全委担当)は「3月15~16日に2号機
の爆発で相当量の放出があった。現段階は少なくなっていると思う」と話し
た。東京電力原子力・立地本部の松本純一本部長代理は会見で
「放出は現在も完全に止まっておらず、
放出量がチェルノブイリに迫ったり超えた
りする懸念もある
と考えている」
と話した。 (後略)                

この最後の話がひっかかっていたのです。

          ↓↓↓

《2011年4月22日岩上安身のtogetter

 今日、私が福島みずほさんにインタビューしたあと、羽田空港へ向かっ
ている時刻に、川内議員、辻議員らが主催する東日本大震災の勉強会が、
院内で開かれていた。取材していたのは、ウチの中継カメラだけ。他の記
者やカメラマンは一人もいなかった。ところが、ここで爆弾発言が。

 勉強会に出席していた鳩山前首相が、原子力安全委員会の小原規制
課長に放射能が実際にどれだけ放出されているか質問。それに対して、
小原課長「一日あたり、100兆べクレル」と、
ぽろり。
そんなに多いとは、誰も聞いてないぞと、一時騒然。

 これまでの発表では、一時間あたり1テラベクレル、即ち1兆べクレル。
一日では24兆べクレル。実際には、その数倍の
放出量だ
というのだ。
この勉強会のあとに、小原課長が
伝えた正確な数値は、ヨウ素131が、一時間あたり6990億べクレル。一日
あ たりでは16兆7760億べクレル。

 セシウム137は、一時間あたり1430億べクレル。一日あたりは3兆4320億
べクレル。セシウムはヨウ素に換算すると40倍なので、一日あたりは137兆
2700億べクレル。 合計すると、153兆7120億べクレル。これは4月5日時点
での大気中への推定放出率。

 さらにこの日は、他の議員から、「福島第一原子力発電所の所長は、なぜ、
東京勤務なのか、3月11日の震災当日、東京にいたのか。事故直後には、
非常用電源が一つ動いていたから、これを使えば現在のような状態になら
なかったはずだ」という暴露発言も出た。これに対し、保安院職員らは沈黙。
(後略)


やはり、放射能の放出量(最も重大な問題)について、
レベル7を発表した際の説明は、実際よりは数分の一程度に少なく説明し
ていたのです。

[PR]
by nonukes-1104 | 2011-04-25 11:18 | 福島事故現状
b0213609_12581643.jpg


脱(反)原発のための行動、「集会」「デモ」「署名」などの情報サイトを
ご紹介します。
勿論、これらのサイトに掲載されていない行動もたくさん
存在することはご了解ください。

ここでは私が参考にしているサイトのうち、三つだけ掲載しておきます。
(どのサイトがお勧めということではありません。ご覧になる皆さまが、
ご自身でご判断くださるようにお願いします)

脱原発系・イベントカレンダー
愛知在住の個人の方が運営されています。

福島原発事故情報共同デスク・集会イベント情報 
東京のピープルズ・プラン研究所が連絡先になっています。

レイバーネット日本・イベントカレンダー 
東京のレイバーネット日本が作成されています。脱(反)原発以外の
情報も含まれています。


毎日、全国各地で、本当にたくさんの行動が行われています。
小さな行動でもそのひとつひとつが大切です。市民ひとりひとりの声が、
意思表示が、行動が積み重なって大きな世論となり、社会を少しずつ
前進させる力になります。

私たちは微力ではありますが無力ではありません。



b0213609_1354331.jpg

     (この図には示されていませんが、横須賀には原子炉2基を搭載した
      原子力空母がいます)
[PR]
by nonukes-1104 | 2011-04-18 13:08 | 行動情報など
b0213609_14103759.jpg

        (4月16日「野菜にも一言いわせて!さよなら原発デモ!!」1500人の市民が参加)
b0213609_1344537.jpg



原発依存から再生可能エネルギーにシフト、これが世界の趨勢です。
b0213609_13491180.jpg

b0213609_13493817.jpg

★昨年の世界発電容量・再生エネが原発逆転

 【ワシントン=共同】 2010年の世界の発電容量は、風力や太陽光な
どの再生可能エネルギーが原発を初めて逆転したとする世界の原子力
産業に関する報告書を、米シンクタンク「ワールドウォッチ研究所」が
15日までにまとめた。
 原発は、安全規制が厳しくなったことや建設費用の増加で1980年代
後半から伸び悩み、2010年の発電容量は3億7500万キロワット。一方、
再生可能エネルギーは地球温暖化対策で注目されて急激に増加し、風力
と太陽、バイオマス、小規模水力の合計は3億8100万キロワットになり、
初めて原発を上回った。(後略)


《2011年4月16日付東京新聞から一部引用》
全文はこちら
b0213609_13503995.jpg


一方、東日本大震災と福島原発事故後のエネルギー戦略について、
環境エネルギー政策研究所(isep 持続可能なエネルギー政策の実現を
目的とする、政府や産業界から独立した第三者機関)から、提言が発表さ
れています。私たちも大いに勉強しましょう。

★「無計画停電」から「戦略的エネルギーシフト」へ

 【短期的な電力需給】 …大口需要家との需給調整契約の戦略的活用を
行えば、短期的にも無計画な「計画停電」を実施しなくても、充分に対応可
能であることが明らかになった…(後略)
 【中長期的なエネルギーシフト】 …中長期的には自然エネルギーを
2020年に電力の20%増の30%、2050年には100%を目指し、電力安定供給・
エネルギー自給・温暖化対策の柱とする大胆かつ戦略的なエネルギーシフト
を目指す…(後略)


《2011年4月4日「3.11後のエネルギー戦略ペーパー」No.1から一部引用》
全文はこちら

また、3.11後の原子力・エネルギー政策の方向性~二度と悲劇を繰り返さ
ないための6戦略~
も提示されています。

《2011年4月5日「3.11後のエネルギー戦略ペーパー」No.2》
全文はこちら


また、福島原発事故を受けて、「脱原発」の機運がヨーロッパ各地に広まっ
ています。ご承知のように、特にドイツは明確な方針を打ち出しました。
b0213609_13582294.jpg

ドイツ、原発早期全廃へ 福島事故で首相方針

 【ベルリン=弓削雅人】 ドイツのメルケル首相は15日、「脱原発」の
見直しを進めてきた政策を転換、国内の原子炉全廃を早期に実現する
方針を決めた…(後略)


《2011年4月17日東京新聞から一部引用》
全文はこちら
[PR]
by nonukes-1104 | 2011-04-17 13:59 | エネルギー政策
b0213609_10554.jpg

素晴らしいニュースです。
地元に支店があったら、(少ししか入っていませんが)口座をこちらに替え
たいと思います。





城南信用金庫が脱原発宣言!~理事長インタビュー~
OurPlanet-TV 2011年4月15日

城南信用金庫は8日、自社のホームページに「原発に頼らない安全な
社会へ」というメッセージを掲載。金融機関が「脱原発宣言」ともとれる
メッセージを発信したことが、インターネット上で大きな話題となっている。
吉原毅理事長が、メッセージを発信した背景を語った。
 
城南信用金庫は、東京23区南部から神奈川県に85店舗を展開する
信用金庫。融資額や貸し付け額では業界一位を誇る。貧富の格差解消や
弱者救済の理念を持ち、消費者向けのカードローンは、現状では一切
扱っていない。またクレジット・信販会社とのATM提携も一切行っていない
ことで知られている。
 
城南信用金庫は、「今回の事故を通じて、原子力エネルギーは、 私達に
明るい未来を与えてくれるものではなく、一歩間違えば取り 返しのつかない
危険性を持っていること、さらに、残念ながらそれ を管理する政府機関も
企業体も、万全の体制をとっていなかったこ とが明確になりつつあります。」
とし、原子力に頼らない社会づくりのために、省エネや節電、グルーンエネ
ルギー化を進める企業などへ対して、積極的に支援やを行って行くことを
宣言した。
 

城南信用金庫
城南信用金庫のメッセージ「原発に頼らない安全な社会へ」

b0213609_109273.jpg

[PR]
by nonukes-1104 | 2011-04-16 10:10 | エネルギー政策
b0213609_10545526.jpg


ご本人と、講演会を準備されていらっしゃる方のご了解を得て、
チラシに掲載されている文章を転載させていただきます。

***ここから*****************

 今は、日本にとって戦後の焼け跡からの出発よりも、もっと厳しい
再出発のとき。フクシマ原発の事故は、環太平洋全域を中心として
世界中のいのちを、これから何百年も蝕み続けるのだろうから。

 日本はヒロシマ、ナガサキの苦難を経て、このたび、フクシマの災難を
生みだしてしまった。これは世界中のどの独裁者も、どのならずもの国家も、
どのテロリストもできなかったことだ。

 原発を輸出して金儲けをするのはとんだ間違いだ。
原発と手を切る、という覚悟をして、その呼びかけを世界に発信して
いくことが、日本に残された道ではないか?
                 アーサー・ビナード(詩人)


*****************ここまで***


『ここが家だ ベン・シャーンの第五福竜丸』でb0213609_10593181.jpg
日本絵本賞を受賞した詩人、
アーサー・ビナードさんがアメリカで育った視点と
日本語の詩人としての視点とから、
事件の意味を汲みあげることばに耳を傾けませんか。
今度こそ、私たちの再出発が平和への道を歩むように。

アーサー・ビナードさん講演会
世界のなかで日本は、
いまナニモノなのか?

●5月1日(日)13:30開場・14:00開演
●東京都民教会(下北沢西口徒歩5分)
●800円(フクシマ原発被災救援金を含む)チケット制
●連絡先:川野080-6509-8848、
長友090-4960-4676、柳坪090-2232-8205

b0213609_1121323.jpg

[PR]
by nonukes-1104 | 2011-04-14 11:03 | 参考文献・映画等
2011年4月7日の東京新聞1面のコラム「筆洗」をご紹介します。

▼ マスメディアとして、
原発の「安全神話」をつくることに加担した
責任を自らの手で問い直さなくてはならない。
新聞の再生はそこから始まるのだと思う。


b0213609_10341671.jpg

真っ当で爽やかな文章だと感じました。
某全国紙や某NHKに、”爪の垢を煎じて飲ませてやりたい”ものです。


          ☆゜・*:.。..。.:*・゜☆゜・*:.。..。.:*・゜☆゜


1988年に発表されたRCサクセションのアルバム『コブラの悩み』に
収録されている一曲「軽薄なジャーナリスト」をお聞きください。



作詞・作曲:忌野清志郎

軽薄なジャーナリストにはなりたくない
軽薄なジャーナリストにはなりたくない
いくら落ちぶれてもなりたくない

軽薄なジャーナリストはTVにでて
軽薄な指示どおりに台本を読む
そしてギャラをもらって家族を養う

(中略)

軽薄な人間にはなりたくない
軽薄な国民にはなりたくない
いくら落ちぶれてもなりたくない

軽薄なジャーナリズムにのるくらいなら
軽薄なヒロイズムに踊らされるくらいなら
そんな目にあうくらいなら
あの発電所の中で眠りたい




「サマータイムブルース」「ラヴミーテンダー」「メルトダウン」そして
この「軽薄なジャーナリスト」…。
今の危機を見据えていたとしか言いようが無い…歌詞に思えます。
[PR]
by nonukes-1104 | 2011-04-14 10:42 | 安全神話