ブログトップ

さよなら原発★ちがさき

nonukeschi.exblog.jp

市民の緩やかなネットワークです。原発について学び、正しい情報を得ることから始めます。

<   2017年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧



「さよなら原発★ちがさき」
運営変更について
(お知らせ)

b0213609_17191316.jpg




「さよなら原発★ちがさき」
申し合わせ
2017年3月1日改定


「さよなら原発★ちがさき」申し合わせ

2011411 201731日改定



1) 「さよなら原発★ちがさき」(以下私たち)は、

2011311日に発生した東日本大震災と福島

原発事故を契機にスタートした、市民(個人)の緩やか

なネットワークです。

英文略称は「NoNukes Chigasaki」とします。


2) 私たちは、原子力発電所(以下原発)の安全神話

と決別し、全ての原発の停止・廃炉を求め、原発に

切依存しない社会(全ての電力を自然エネルギーと

省エネ、節電でまかなう社会)の実現をめざし、力を

合わせます。

 原発は本質的に余りにも危険であり、制御自体が困

難であることが改めて明白になりました。加えて、そ

の危険は地震・津波国において一層深刻になることを

再認識しなければなりません。また、原発が生み出す

高レベル放射性廃棄物は、今に生きる私たちだけでな

く、遠い未来にわたって人類と環境に甚大な影響を及

ぼし続けます。原発は核兵器とともに造ってはならな

い物であったと、私たちは考えます。

 進行中のこの事故は、現状でスリーマイル島事故を

上回り、チェルノブイリ事故に次ぐレベル6と言われ

ます(注a。既に大気中に、海中に相当量の放射性

物質が放出され、今後も放出を止められる見通しは

たっていません。日本への国際社会の目は地球環境を

汚染する国として厳しくなっています。広島・長崎の

苦難を経た日本が、福島で厄災を生み出してしまった

のです。全ての原発を廃止することが日本に残された

唯一の道だと私たちは考えます。

(注a412日レベル7と発表されました。


3) 私たちは、前項の目標に沿う、学習、調査・検

討を行い、その成果を広め、また行動を呼びかけます。

そのためのブログを開設・運営します。

 URL⇒ http://nonukeschi.exblog.jp/


4) 私たちは、必要な場合にミーティングを行い

ます(注b)。日常的な連絡・情報交換のためのメーリ

ングリストを開設・運営します。

MA⇒ nonukes_chigasaki@freeml.com (注c


5) 私たちは、自立したネットワークです。同時に

運動の蓄積を持つ全国の脱()原発運動に学び、必要

な場合には積極的に協力しあいます。


6) 私たちのとりくみに必要な財政は、賛同者か

らのカンパでまかないます。会計年度は1月から12

までとします。


7) 外部からの情報を受ける窓口を定めます。呼

びかけ人の本件専用のメールアドレスとします。

MA ⇒ mr.peace@jcom.home.ne.jp (注d

【以上の申し合わせは、活動スタートのミーティングで確認され

たものです。今後、必要に応じて改定されることがあります。】


(注b2011/12;定例日を変更。2017/3;必要時に開催に

変更。(注c2012/5ML投稿MAを変更。(注d2012/6

;窓口MAを変更。

b0213609_17500593.jpg


【参考】

はじめに、原子力の平和利用を先頭だって進めて来た者と

して、今回の事故を極めて遺憾に思うと同時に国民に深く

陳謝いたします。(中略)

特に懸念されることは、溶融炉心が時間とともに、圧力容

器を溶かし、格納容器に移り、さらに格納容器の放射能の

閉じ込め機能を破壊することや、圧力容器内で生成された

大量の水素ガスの火災・爆発による格納容器の破壊などに

よる広範で深刻な放射能汚染の可能性を排除できないこ

とである。 (後略)

330日に発表された、(原発を推進してきた)専門家16氏による

「福島原発事故についての緊急建言」から一部引用》

http://peacephilosophy.blogspot.jp/p/blog-page_31.html







[PR]
by nonukes-1104 | 2017-03-01 17:55 | このネットワーク