ブログトップ

さよなら原発★ちがさき

nonukeschi.exblog.jp

市民の緩やかなネットワークです。原発について学び、正しい情報を得ることから始めます。

原発を推進してきた人たちの危機感

既にご存知の方も多いことでしょうが、
Peace Philosophy Centre のホームページから、
「福島原発事故についての緊急建言」をご紹介しておきます。
  「建言」とは手元の大辞林によれば…考えを上の人に申し述べること。
  また、その考え。

原発を推進してきた人たちでさえ、ここまでの危機感をお持ちなのです。
東京電力は現場の最新の情報を公開すべきです。
政府は事故収束への見通しと対策を示すべきです。


b0213609_13471340.jpg


福島原発事故についての緊急建言

はじめに、原子力の平和利用を先頭だって進めて来た者として、今回の
事故を極めて遺憾に思うと同時に国民に深く陳謝いたします。

私達は、事故の発生当初から速やかな事故の終息を願いつつ、事故の
推移を固唾を呑んで見守ってきた。しかし、事態は次々と悪化し、今日に
至るも事故を終息させる見通しが得られていない状況である。既に、各
原子炉や使用済燃料プールの燃料の多くは、破損あるいは溶融し、燃
料内の膨大な放射性物質は、圧力容器や格納容器内に拡散・分布し、
その一部は環境に放出され、現在も放出され続けている。

特に懸念されることは、溶融炉心が時間とともに、圧力容器を溶かし、
格納容器に移り、さらに格納容器の放射能の閉じ込め機能を破壊する
ことや、圧力容器内で生成された大量の水素ガスの火災・爆発による
格納容器の破壊などによる広範で深刻な放射能汚染の可能性を排除で
きないことである。


こうした深刻な事態を回避するためには、
(中略)⇒全文はこちら 

私達は、国を挙げた福島原発事故に対処する強力な体制を緊急に構築
することを強く政府に求めるものである。
                                平成23年3月30日
青木 芳朗   元原子力安全委員
石野 栞     東京大学名誉教授
木村 逸郎   京都大学名誉教授
齋藤 伸三   元原子力委員長代理、元日本原子力学会会長
佐藤 一男    元原子力安全委員長
柴田 徳思   学術会議連携会員、基礎医学委員会 総合工学委員会
          合同放射線の利用に伴う課題検討分科会委員長
住田 健二   元原子力安全委員会委員長代理、元日本原子力学会会長
関本 博     東京工業大学名誉教授
田中 俊一   前原子力委員会委員長代理、元日本原子力学会会長
長瀧 重信   元放射線影響研究所理事長
永宮 正治   学術会議会員、日本物理学会会長
成合 英樹   元日本原子力学会会長、前原子力安全基盤機構理事長
広瀬 崇子   前原子力委員、学術会議会員
松浦祥次郎   元原子力安全委員長
松原 純子   元原子力安全委員会委員長代理
諸葛 宗男   東京大学公共政策大学院特任教授



─ 2011年4月4日追記 ─
YOMIURI ONLINE の「動画」がありました。


b0213609_13481581.jpg

[PR]
by nonukes-1104 | 2011-04-03 13:50 | 福島事故現状