ブログトップ

さよなら原発★ちがさき

nonukeschi.exblog.jp

市民の緩やかなネットワークです。原発について学び、正しい情報を得ることから始めます。

健康調査委員会トップも???

福島全県民 健康調査へ

 …県は27日、福島市内で県民の健康調査に関する検討委員会を開催。
被ばく医療の専門家のほか、経済産業省、厚生労働省などの担当者も
出席し、全県民対象の調査を実施することで合意した。

 (中略)同委員会座長の山下俊一長崎大教授は「福島県民は直接的な
放射線の影響だけでなく、精神的な影響などを被っている。調査は健康
増進のためで、地域医療に貢献したい」としている。

《2011年5月28日東京新聞から一部引用》
b0213609_13275128.jpg



この先生なら記憶があります。先日見たOurPlanet-TVです。 

********************
福島県放射線健康リスク管理アドバイザー・山下俊一長崎県大学教授
が、就任以降、福島県内のメディアや講演で、「100ミリシーベルトは大
丈夫。毎時10マイクロシーベルト以下なら外で遊んでも大丈夫」と発言し
てきたことに対し、3日に福島県二本松市で開催された講演会で、住民
から次々と厳しい意見が飛んだ。
 
これに対し、山下氏は「今でも100ミリシーベルト
の積算量にリクスがあるとは思っていない」

としながらも、「(原子力安全委員会から)私は多分指導されるでしょう。
甘んじてそれを受けなくてはいけないと考えます。」と回答した。

また「将来、子どもたちに何か影響があった場合に、責任がもてるか」と
の質問に対しては、「将来のことは誰も予知できない」とした上で、起こった
病気が放射線のせいかどうかを調査するには、福島県民全員による、
何十年間もかけた疫学調査が必要 と回答した。

《2011年5月3日二本松市講演会 「100ミリ以下は安全」放射線アドバイ
ザー山下俊一氏に苦言殺到
から一部引用》


念の為に、「山下俊一 原発事故」で検索すると、例えばこんなのが…。

********************
(前略)…日本で戦争で敗れ、そして原子力産業を支え、今の復興を成し
遂げたこの日本において、我々が少なくとも民主主義国家として
信じなくてはいけないのは、
国の方針であり、国から出る情報です。


(中略)…一早く原子力災害から復興する必要があります。国の根幹をな
すエネルギー政策の原子力がどうなるか、私にはわかりません。しかし、
健康影響は微々たるものだと言えます。

(中略)…放射線の影響は、実はニコニコ
笑ってる人には来ません。クヨクヨしてる人
に来ます。

これは明確な動物実験でわかっています。酒飲みの方が幸か不幸か、
放射線の影響少ないんですね。(後略)

《2011年3月21日 山下俊一氏・高村昇氏「放射線と私たちの健康との関
係」講演会
から一部引用》

b0213609_13351083.jpg


如何でしょうか。
抗議辞任した内閣参与もいましたし、20ミリが大問題になっている中で、
「100ミリシーベルト以下の被曝では身体への影響が出るはずがない、と
いう信念???」をまきちらしている方です。
加えて極めて非民主的で、恐るべき非科学的な方のようにお見受けします。
一体、こんな座長が率いる委員会が、真っ当な健康調査を行えるもので
しょうか。
先日の事故調の委員長もですが、この「県民健康管理調査検討委員会」
の座長も…。


b0213609_13373565.jpg

[PR]
by nonukes-1104 | 2011-05-28 13:40 | 事故調査・検証