ブログトップ

さよなら原発★ちがさき

nonukeschi.exblog.jp

市民の緩やかなネットワークです。原発について学び、正しい情報を得ることから始めます。

原発が必要な社会を政府や電力会社がつくり上げて来た

b0213609_15254658.jpg


「東京電力、国は海、空、大地を
放射能汚染した責任を認め全面賠償せよ!」

「原発ゼロをめざす」大きな運動をおこしていこうと「7・2緊急行動」が、
7月2日、東京明治公園で行われました。

          (ぼくブログに載せても良い??? 「はい・大丈夫です!」)
b0213609_15271081.jpg

13時からのメイン集会では、
呼びかけ人を代表して伊東達也さんが「福島県民の願いは、きれいな里山
を返せ、きれいな海を返せ、当たり前の労働を返せ、普通の暮らしを返せと
いうことです。原発依存から自然エネルギーへ大きく舵を切るために、全国
各地で草の根の運動に立ち上がろうではありませんか」
と発言。

来賓として日本共産党の志位和夫委員長があいさつ、社民党の福島瑞穂
党首と、イタリア総同盟のメッセージが読上げられました。


福島や静岡など原発立地県からの代表や市民団体の代表が原発ゼロへ
の思いを次々に発言。愛媛大学の中山歩美さんの「私たちは”原発は絶対
に必要だ”と思い込まされていましたが、原発が必要な社会
を政府や電力会社がつくり上げて来た
ことを知りました。
私たちの未来に危険な原発は要りません」

との発言は大きな共感に包まれました。

14時半から代々木公園、新宿中央公園に向かって二組のパレードが行わ
れました。メイン集会に先立って、11時から運動の交流、自然エネルギーの
展示、放射能測定の実演など、多くのブース企画も行われました。

b0213609_15293535.jpg

参加者は明治公園をいっぱいにして約2万人でした。
3・11後の(ひとつの会場としては)最大級の集会になりましたが、報道は
殆ど行われなかったようです
(原発報道では評価を上げている東京新聞に
も1行も記事が載りませんでした。他の新聞はどうでしたでしょうか???
労働組合などの団体が組織した集会は、市民・国民の意思では無いとでも???
一般参加の市民も大勢参加していましたよ…)。


b0213609_15322828.jpg

 地元茅ヶ崎からは、50人近い皆さんが
 参加されていたと思われます。

 「暑い季節の集会やパレードは、日中を
 避けて夕方にするとか出来れば良いのにね~」
 「音楽が少なかったのは少し残念」
 「九条の会の集まりに比べれば、うんと
 年代が若い人が多いね…」
 「やっぱり(原発は)無くさんといかん!」
 などの感想が寄せられています。


  《以上、面白みに欠けますが
  ご報告しました、MO》




b0213609_15413261.jpg

[PR]
by nonukes-1104 | 2011-07-03 15:43 | 意思表示・行動