ブログトップ

さよなら原発★ちがさき

nonukeschi.exblog.jp

市民の緩やかなネットワークです。原発について学び、正しい情報を得ることから始めます。

さよなら原発 17万人集う!

b0213609_15592925.jpg

b0213609_15595537.jpg

酷暑の中、再稼働撤回・さよなら原
発を求めて17万人もの市民が集ま
りました。「すべてを奪ったうえに市
民の声を聞こうとしない電力会社と
政府は許せない」福島からの訴えは
参加者の心に沁みました。


ツイッターデモで始まった脱原発の動きは、急速に拡大し、この日
は、遅まきながら、全労連、全労協に加えて連合加盟労組からも
多くの労働組合が参加しました。
これらの背景は、市民の「再稼働撤回・さよなら原発」を求める声
(要求)です。この声は深く強いものがあり、それは全国に拡がって
います。

政府が、原発再稼働や原発依存を
断念しないかぎり、この動きはもう
止むことはないでしょう。
その意味で歴史的な
日になりました。


    (これが全景ではありません、第1ステージだけです。
     他に第2ステージも、それらを取り囲む道路も参加者で埋め尽くされていました)
                    ↓ クリックすると拡大します
b0213609_16182864.jpg


この日、私たちのネットワークからも、地元茅ヶ崎の皆さんも多くの
方々が参加されました。こもごも、ご感想をお聞かせください。

私たち「おのぼりさんチーム(5人)」は上記の写真の右側枠外の道
路で日陰になっているところに座って第1ステージのスピーチを聴き
ました。デモは先頭グループにくっついて早めに帰宅しました。

エピソードをひとつだけご紹介しておきましょう。b0213609_174265.jpg
私たちのフラッグを掲げて歩いていたら、「済みません、写真を
撮らせてください」の声が。フラッグと同じ色をしたシャツを着た
爽やかな青年でした。何と、このフラッグのデザインを描いた
ご本人(ttさん)でした。

「脱原発ポスター展」の事務局経由で私たちのフラッグと缶バッ
ジにデザインを使わせて欲しいとご連絡をとり、「結構です、光
栄です」とご快諾をいただいた経緯があります。
お互いに、先を急いでいたためゆっくりお話をかわせずに少し
残念でした。

(右の写真は、フラッグを撮影中のttさん。
撮影者の弁;すみませんm(_ _)m肝心の彼の顔が見えない)
[PR]
by nonukes-1104 | 2012-07-17 17:14 | 意思表示・行動