ブログトップ

さよなら原発★ちがさき

nonukeschi.exblog.jp

市民の緩やかなネットワークです。原発について学び、正しい情報を得ることから始めます。

<   2011年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧

内閣参与が辞任
小佐古氏 政府の原発対応批判


 内閣官房参与の小佐古敏荘東大大学院教授(放射線安全学)は29日、
福島第一原発事故をめぐり「政府は法律などを軽視し、その場限りの
対応で事態の収束を遅らせている」と批判し、首相官邸に参与を辞任す
る意向を伝えた。(中略)
 首相が「知恵袋」として起用した参与が抗議の辞任をするのは、極めて
異例。
《2011年4月30日東京新聞から一部引用》
b0213609_1057253.jpg

以下は、小佐古敏荘(おさこ・としそう)氏が4月29日の記者会見で、
辞任の理由について説明した資料の一部引用です。
全文はこちらにあります(念の為に2箇所貼っておきます)。是非お読み下さい。
NHK「かぶん」ブログ
Web DICE


小学校等の校庭の利用基準に対して、
この年間20mSvの数値の使用には
強く抗議するとともに、
再度の見直しを求めます。


 今回、福島県の小学校等の校庭利用の線量基準が年間20mSv
の被曝を基礎として導出、誘導され、毎時3.8μSvと決定され、
文部科学省から通達が出されている。これらの学校では、通常の授
業を行おうとしているわけで、その状態は、通常の放射線防護基準
に近いもの(年間1mSv,特殊な例でも年間5mSv)で運用す
べきで、警戒期ではあるにしても、緊急時(2,3日あるいはせい
ぜい1,2週間くらい)に運用すべき数値をこの時期に使用するの
は、全くの間違いであります。警戒期であることを周知の上、特別
な措置をとれば、数カ月間は最大、年間10mSvの使用も不可能
ではないが、通常は避けるべきと考えます。年間20mSv近い被
ばくをする人は、約8万4千人の原子力発電所の放射線業務従事者
でも、極めて少ないのです。この数値を乳児、幼児、小学生に求め
ることは、学問上の見地からのみならず、私のヒューマニズムから
しても受け入れがたいものです。年間10mSvの数値も、ウラン
鉱山の残土処分場の中の覆土上でも中々見ることのできない数値で
(せいぜい年間数mSvです)、この数値の使用は慎重であるべき
であります。

 小学校等の校庭の利用基準に対して、この年間20mSvの数値の使用
には強く抗議するとともに、再度の見直しを求めます。



「子ども見捨てるのか」

4月21日、参議院議員会館で行われた政府(文部科学省)との交渉で
「福島老朽原発を考える会」など三市民団体120人の怒りの声。


            《以下は、2011年4月22日東京新聞の「こちら特報部」》
b0213609_10583030.jpg

[PR]
by nonukes-1104 | 2011-05-01 11:06 | 福島事故現状